手術後も包茎のまま

真性包茎の人は、どうしても日常生活に支障が出てきますので、必然と手術が必要になってきます。
保険も適用されるといった、ある意味病気になりますので、早めの処置が必要なのではないでしょうか。
仮性包茎の人でも多くの人が、包茎手術を受けることを考えている人が多いのです。


その仮性包茎の人の主な理由は、やはり通常時のペニスの亀頭が、包皮に覆われているというところからでしょう。
通常時も亀頭を出していたいと望んでいるのです。
ただ、これだけは頭に入れておいていいのではないかと思われます。
包茎手術を受けた後も、通常時に亀頭が完全に出ない場合があるということです。
それは、決して手術が失敗したわけではありません。
根本的なペニスの構造になってくるのです。
主なことは勃起率というところにあります。
勃起率が高い人ほどこういったことになりがちなのです。


通常時の包皮を切除しても、勃起率が高い人になると、勃起に十分な包皮がなくなるので、そこまで包皮を取り除けないということです。
そうなれば、勃起時に支障が出てきてしまいます。
ペニスが引っ張られる感じは当然のこと、多少の痛みまで出てきてしまう恐れがあるからです。
通常時に亀頭が出ている状態になるには、手術前に勃起時のサイズを把握しておかないといけなくなります。
この勃起時のサイズを把握しないまま手術へ踏み込むと、どうしても上記のような現象が起きてしまうのです。
ですので、全ての人が包茎手術を受けたからと、通常時も亀頭が出ている状態になるとは限らないということなのです。


▽特集
美容外科医として実績を積んだ院長のみが執刀する包茎手術専門クリニックのサイトです > 包茎

Copyright © 2014 包茎手術の成果と費用 All Rights Reserved.